お肌に良い習慣、悪い週間というのは色々あ

お肌に良い習慣、悪い週間というのは色々ありますが、敏感肌や乾燥肌を招くNG習慣としてあげられるものに、「お肌をゴシゴシとこする」というものがあります。
でも、洗顔やクレンジングなどでついついお肌をゴシゴシとこすってしまうことってありますよね。
また、小鼻の黒ずみや角栓なども気になって爪などで削ったりしてしまいます。
私はこの「ゴシゴシ習慣」のお肌の悪影響を知らず、今まで相当お肌にダメージを与えていたかもしれません。
というより、私が現在敏感肌なのは(敏感肌用化粧水を使っています)、長年無意識で続けていた「ゴシゴシ習慣」のせいかもしれないな…なんて思っています。
なので、最近では洗顔も泡で優しく洗う。クレンジングもゴシゴシと洗うようなものを買わない、タオルでゴシゴシ拭かない、などあらゆることに気をつけています。
お肌をこすらなくなったことで、荒れたりしにくくなりましたし常にお肌の状態は安定していると思います。
正しい知識を身につけることって大事なんだな…と今さらですがしみじみ思う今日この頃です。
シボヘール

市販のピーリングジェルを使って週1回から

市販のピーリングジェルを使って週1回から2回ほどピーリングをしています。
最初は足のかかとがガサガサするのが気になり、ピーリングをしてみました。今まで足の角質を放っておいたので、最初にピーリングした時は皮膚の表面がツルツルになり驚きました。それでピーリングにはまってしまい、今は顔のピーリングをしています。顔のピーリングもしたことがなかったので、初めてした時は消しゴムのカスのようなものが沢山出てきて、自分でも恥ずかしいくらいでした。ピーリングをした後はお肌がツルツルになり、翌日の化粧ノリも良いです。
あまりピーリングをし過ぎると良くないそうなので、顔は週1度にしています。
ピーリングをした後に、化粧水をたっぷり浸透させるようにしています。ビタミンC誘導体の原液を数滴浸み込ませた化粧水で手のひらでゆっくり肌に浸透させています。ゆったりした気分でその時間を楽しむようにしています。
そのおかげか、頬の上のシミが少しずつ薄くなっていた感じです。調子が良いのでしばらく続けようと思います。

きらきら子育て応援.com

私は小さい頃本当に体が弱く、すぐに体調を

私は小さい頃本当に体が弱く、すぐに体調を崩してしまう子供でした。
重い病気や持病があるわけではありませんが、季節の変わり目には100%風邪をひくような子供でした。
そんな私が高校生になり、あるバイト先の店長がきっかけで
今では数年体調を崩していません。それは何かというと…。
その前にその店長を簡単にご紹介させてください。
店長はすごく破天荒な方でした。
私が初めての出勤の時に休憩でお水を頂いたのですが、そのお水に速攻ネギを入れられました。
外国の方がご来店した時は、ご新規様なのにいきなり腕の毛を抜こうとします。
元気がないスタッフがいるとそのスタッフの歯をこすったりもします。
普通の方はしないことばかりをします。
これが笑いになるのは、その店長の人柄があってこそのことでした。
インフルエンザがお店でも流行っていた時、店長も具合が悪そうな時がありました。
「風邪ですか?」と聞くと店長は「俺、風邪はひかないって決めてるから!」
…ひかないって決めてるって(笑)
それが面白くて私もその言葉を使っていました。そこから気が付いたのです。
「私全然体調崩さなくなった」【病は気から】は本当だったんだと実感しました。
さらに言葉にだすことによりさらに効果的なんだと気が付きました!
皆さんも騙されたと思ってぜひ声に出してみてください。
取り入れ方によっては、かなり使えますよ♪